メンズ骨格診断ストレートタイプに似合う服【7選】

骨格診断は、生まれつきの体のラインや質感の特徴をもとに、自分にピッタリのスタイルを見つけるための方法です

骨格は男性や女性などの性別、年齢や体型などでも変化することがないので、生涯変わりません。

自分の骨格タイプを理解すると、自分に一番似合うファッションを見つけることができます。

今回の記事では、ストレート、ウェーブ、ナチュラルの3つのタイプのうち、ストレートタイプについての解説をします。

1.ストレートタイプの特徴

ストレートタイプの方は、上半身を中心に厚みのある筋肉質な体型です。

筋肉の付き方にも特徴があって、胸板が厚めで、背中や太ももの筋肉がしっかりしていることが多いタイプです。

また、引き締まってハリのある肌も特徴です。

他には、

・首はどちらかというと短め

・肩幅は狭く、鎖骨がほとんど見えない

・胸板に厚みがある

・手に厚みがある。

・手が身長に対して小さい

・ウエスト位置が高め

・脂肪よりも筋肉がつきやすい

・膝は小さくて丸い

・顔やお腹など上半身から太りやすい

などがあります。全体的に身体が大きく見えがちなタイプです。 

2.骨格ストレートタイプの着こなしポイント

骨格ストレートタイプの方がおしゃれな着こなしをするためには、どのようなポイントを押さえればよいでしょうか。

骨格ストレートタイプは、上半身と太ももに厚みがあります。


そのため、服装の選び方では、上半身と太ももの厚みを目立たせないことが一番大事です

つまりストレートタイプの方には上半身と太ももの厚みを強調しない服が、似合います。

3.骨格ストレートタイプに似合う服

①:ジャストサイズのトップス

ストレートタイプの人にとって、Iラインシルエットを意識することは大事ですが、タイトすぎるアイテムは上半身など身体の厚みを目立たせてしまいます。

逆にビッグシルエットやオーバーサイズのアイテムは身体のボリュームを大きく見せてしまうので全体のバランスが崩れてしまいます。

特にトップスはジャストサイズアイテムを着るのがおすすめです。

②:光沢と厚みのあるアイテム

シアーなど薄手生地のアイテムは身体の厚みを目立たせてしまいます。

レザーやウール、デニム素材など厚手で光沢感のある素材のアイテムは身体の厚みを目立たせなくします。

トップスはレザージャケットニットデニムシャツなど、

ボトムスはデニム厚手のカーゴパンツがおすすめです。

どうしても薄着になりがちな夏も、重めのコットンTシャツなどを着ることで身体の厚みを目立たせなくすることができます。

③:テーパードパンツ

足元に向かって細くなっていくシルエットのテーパードパンツは、太ももの太さをカバーしながら、下半身全体のスタイルをよく見せることができます。

タイトめのサイズだと逆に太もも周りが強調されてしまうので、多少ゆとりのあるサイズ感のものがおすすめです。

④:ストレートパンツ

 ストレートパンツも下半身全体のスタイルをよく見せることができるのでおすすめです。Iラインシルエットと相性がよく、縦長に見える視覚効果があります。

⑤:Vネック/Uネック

ネックラインが深く開いていることで、胸元がすっきりと見えて身体の厚みが目立たなくなります。

⑥:オープンカラーシャツ

シャツを着る場合は、ネックラインが開いているオープンカラーがおすすめです。胸元が空いているのでVネックやUネックと同じように身体の厚みを目立たせなくなる効果があります。

⑦:テーラードジャケット

テーラードジャケットもネックラインが深く開いているため、 胸元がスッキリ見える印象を与えます。

大きく見えてしまいがちなストレートタイプの上半身を目立たせない視覚効果がります。

4.まとめ

いかがったでしょうか?

骨格ストレートタイプの人には上半身と太ももの厚みを目立たせないアイテムがおすすめです。

 

・ジャストサイズのトップス

・光沢と厚みのあるアイテム

・テーパードパンツ

・ストレートパンツ

・Vネック/Uネック

・オープンカラーシャツ

・テーラードジャケット

 

今回紹介した7つのアイテムを使って、もっとおしゃれに見せるファッションをしてください!

⇒おすすめアイテムはこちらをクリック